自分を好きになる

自信がない人は自分を受け入れてくれる環境へ行こう

おはよーございます。まなてぃ(@mnty_ocean)です。

 

夜行バスで朝からディ◯ニーランドに行ってきました。

 

めっちゃ並んでたけど、千葉に来たかっただけの私は行列を素通りして駅に向かいます。

朝から逆走するやつなんかいるわけないと思ってるのか、見えてないかのような勢いで何回もぶつかられました。

ニンゲンコワイ。

 

人が多すぎて写真が撮れなかったので、せめて舞浜駅で記念撮影。

f:id:mnty_n:20180520111334j:image

我ながら顔がやばい。

この目はすでに何人かヤッちまってますね。

 

さて、夢の国から脱出(入ってないけど)し、たどり着いた先は千葉県いすみ市。

コワーキングスペース hinode の1周年記念祭に参加してきました!

参加することになった経緯

フリーランスを志して間もない私はhinodeの存在をかろうじて知っている程度で、もちろん行ったことなんてありません。

そんな中なぜ1周年記念祭に行くことになったかというと…

4年前に合宿免許教習所『Mランド』で出会った、ソウルメイトであるYoutuber まっさんに誘われたから(ちなみに上の撮影者も彼)。

フリーランスで生きると決めた私が久々に連絡を取ると、彼が言いました。

 

まっさん
まっさん
今度ライターが集まりそうな千葉のイベントに行くけど、来る?

まなてぃ
まなてぃ
「行く」(即決)

 

わざわざ千葉まで行こうと決めた目的は主に2つ。

 

・人脈作り

・どんな経緯でいつから何を始めて今に至るのかを聞くため

(自分が具体的なイメージを持つための参考にしたかった)

しかし周年イベントというくらいだし、縁のある人が集まることは明白。

私はまっさん以外の全員はじめましてな上に、ブログも始めたてのひよっこです。

 

みんなバリバリ仕事の話なんかしちゃって、超アウェイだったらどうしよう…と、正直ちょっぴり不安なのでした。

1周年記念祭当日

f:id:mnty_n:20180522232359j:image

photo by じょり

 

記念祭ではhinode店長(今は元)である、ライターの 佐々木ゴウ さんがたこ焼きを振る舞ってくれました。

参加者は今話題の 田舎フリーランス養成講座 の関係者が多く、やはりみなさんほとんど知り合い同士で焦りましたが、話しかけてくれる方もいたおかげですぐにリラックス。

その後はとにかく挨拶回りする私。

 

会話の中で絶対に聞かれるのは、どういう繋がりでここに来たのか。

経緯を説明すると、大抵の人から

「このためだけにわざわざ大阪から!?」

「行動力すごいなww」

といった反応をいただきました。満足。笑

 人に受け入れられて得たもの

一人アイスブレイクを済ませた私は、話した方に知りたいことを質問します。

すると、流れで自分のことについても話すことになるわけですが…

 

私、普段誰かに自分の構想を話す時はかなり緊張するんです。

それは、相手がどんな反応をするのかわからなくて怖いから。

駆け出しでまだなんの実績もないし、この先上手くいく保証もない…

しかし今回、hinodeで何人もの人に「これから何をするのか・そのために何を学ぶのか」について話しているうちに、緊張なんてどこかへいってしまいました。

 

みんな嬉しそうな顔をして真面目に聞いてくれて、出てくるのはどれも肯定的な言葉

否定したりバカにする人なんて一人もいませんでした。

同じ経験をした人が集まっているんだから当然なのかもしれません。

でもこういう環境に初めて来た私にはそれがとても新鮮で、幸せでした。

 

実は私、怖かったんです。

今まで流れに身を任せて生きてきたけれど、これからは自分が止まれば動いてくれない。

本当に私にできるのかな?人任せで、なんでもすぐ放り出してきた私に。

打ち明けた人に否定されて笑われる度に、そんな不安がどんどん膨らんでいく…。

それがこの日、なくなりました。

 

怖かったのは立ち止まった時にどうすれば良いかわからなかったから。

ここには本気でやっていれば相談に乗ってくれる人がいる。

不安だったのは心の底から全てを打ち明けられる相手がいなかったから。

今はるかに前を歩いている人が私の話を真剣に聞いてくれている。

たったこれだけで自信が湧いてきたんです。

 

というか、他人のマイナス意見にばかり耳を傾けて、そもそも私は、自信をなくすようなことすらまだ何もやっていなかったことに気づきました。

一晩でシェアハウスの虜に。

記念祭を終えて、この日はシェアハウス『ゴウ邸』でお世話になったのですが、ここで感じた包容力もハンパなかったです。

今日初めて行った人間が自然に輪に入ってる。

一緒にご飯を食べて、他愛もない話をして、来たばかりの場所になんの違和感もない。

 

帰る時には「また来てね」と見送ってくれる。

自然と「また絶対来ます」って応えてた。

なんて居心地が良い場所なんだ…

 

当たり前に受け入れられることで「私なんかが」とか「馴れ馴れしいかな」とか、自己卑下する暇なんかないんです。

気づけば自信を持ってそこにいる。

もう仕事がどうとかというより、私は人として自信を持っちゃいました。 笑

 

行く前に不安がってた自分が嘘のよう!

思い切ってここに来て良かった。

今回は一泊だけだったけど、次はもう少し滞在したいな〜

まとめ

自分に自信がない人は、受け入れてくれる人・場所を探してみてください。

人に肯定されたからといって上手くいくわけではないし、自分が頑張らないとどうにもならないことには変わりない。

けれど、私はhinodeで受け入れられて「やってみよう、私にはできる。」という自信がつきました。

 

できるって何を根拠に…と言われるかもしれません。

でも、根拠のない自信も時には大事。

それが動き出す勇気になってくれるはずです。

 

もちろん元々の目的も達成できました。

お会いしたみなさん、ありがとうございました!

f:id:mnty_n:20180522232543j:image

photo by ていえみ