プロフィール

まなてぃのプロフィール

おはよーございます。

当ブログを運営しているまなてぃ(@mnty_ocean)です。

こちらでは私のプロフィールとして

■まなてぃについて(人柄・活動)

■趣味・好きなこと

■経歴・生い立ち

■人生のターニングポイント

■これからの目標

■当ブログ『多足のわらじ』で発信すること

をお話しします。

まなてぃってどんな人?

本名:中尾 愛(なかお まなみ)

職業:ブロガー・ライター・たまにバーテンダー

クリエイターに憧れて、とりあえずネイリストになるべく修行中。

生まれも育ちも在住も大阪。

新卒で入った会社を1年半で辞めた後、趣味のスキューバダイビングをしながら放浪するうちに、会社員が向いていないことに気づきフリーランスになりました。

見切り発車の勢いで動いてもなにかと上手く生きていける、“周囲の人が助けてあげたくなる”才能の持ち主

性格・特徴

以下、まなてぃの取り扱い説明書になります。

よくばりでわがまま。やりたいことはなんとしてもやります。

■人のパーソナルスペースに土足で踏み込んで振り回すのが得意です。

我が強くて負けず嫌い。根性で生きてます。

好奇心旺盛で飽き性です。

■チビだけど態度は人一倍デカいとよく言われます。

■意外とセンシティブな面もあるんです。

■優しい人・かまってくれる人にはすぐ懐きます

マイペースで団体行動が嫌いです。

行動力高め・フットワーク軽めです。

好きなものの誘惑に勝てません。すぐにどこかへ行ってしまうため、一緒に行動する人はしっかり見張っておきましょう。※ただし邪魔されると拗ねます

趣味・好きなこと

2018年1月に宮古島で潜った時の写真。

・スキューバダイビング

・動物(哺乳類でも爬虫類でも、基本なんでも好き)

・お酒

・歌うこと

・お菓子作り

・旅行

・写真

・人と話すこと(まず人が好き)

・人に認められること

・遊ぶこと

経歴・生い立ち

私は人生の大半を、頑張らずに生きてきました。

・恵まれた環境と試験など本番に強い性分で、頑張らなくてもそれなりに生きていけていた

・自己肯定感が低かったため、本当にやりたいことは「私なんかが」と思ってしまい行動に移せなかった

だから、自分にできそうな必要最低限のことをこなして無難に生きていたんです。

そんな流れに身を任せて生きてきた私が、なぜフリーランスになろうと思ったのか。

人生のターニングポイントとあわせてお話しします。

幼少期〜小学生

※飲んでないよ

頻繁に男の子とケンカする、ちょっと男勝りな女の子でした。

姉が行き出した塾を何かの習い事だと勘違いして妬み、小学2年生から塾へ通い始めます。

しかしすぐにめんどくさくなり、毎日いかにしてサボるかを考えていました。(お父さんお母さんごめんなさい)

自己肯定感が下降し始めたまなてぃの中学時代

塾へ行ったがために流されて受けた私立になぜか受かり進学。

目立ちたがりだったため舞台で演じることに憧れて演劇部に入ります。扉を開けるとそこは腐女子の巣窟でした。

3年生で部長に抜擢されるほど活動は充実していたんですが、ある時同級生に陰で笑われたりネタにされていることを知り、純粋に演劇をしたかっただけなのに…とやるせない気持ちに。

昔から変わり者だとよく言われていましたが、この頃はまだ自分が周りとどう違うのかわからず、「自分のやりたいことをしたい」「悪目立ちせず普通になりたい」という2つの思いに挟まれて葛藤していました。

「一部の女子が目立つことをしても陰口なんて言われないのに、どうして私は笑われるんだろう?」

当時の私は外見をよく見せることに一切興味がなかった上に、前歯が出ているのが恥ずかしくて上手く笑えませんでした。控えめに言って可愛さ皆無です。

可愛くないのに前に出たがる女子は淘汰されることを理解した私は、みるみる根暗に。

いろいろ間違えたまなてぃの高校時代

懐いてた生物の先生。体育祭のTシャツは特寸。

根暗女子から脱却できないまま、エスカレーター式で高校へ。

ダンス部に入りたかったんですが、イケイケのキラキラ女子の多さに圧倒され、私みたいな根暗がこんな場違いな部活に入ればまた陰で何か言われると怯えて断念。

この頃は、何かと理由をつけては自分のやりたいことから目を背けていました。

なぜか女子1人で柔道部へ

他に興味あるのは…と考えた挙句、人を投げられたら面白そうという意味不明な理由で女子0人の柔道部に入ります。(女子部員歓迎って書いてたんだもん)

平穏に生きようと思っての選択だったはずが、今思えば完全に悪目立ちしてましたね。

しかも男子部員とどう関われば良いのかわからず、部内でかなり孤立しました。

女としての自信を完全に失う

高校2年生の時、ぼっち女子だった私を気にかけてくれていた大学4年生のOBに告白し、初の彼氏ができるも徐々に連絡が返ってこなくなります。

結局自然消滅し、それがきっかけでその後の恋愛をこじらせることに

(この1年後に小学生の時ずっと好きだった幼馴染と再会して付き合うも、人間不信に陥ってたため2ヶ月で別れる結果に終わりました。)

自己肯定感を取り戻し始めたまなてぃの大学時代

こうしてどんどん自己肯定感を下げ続けた末に目指すものもなく、とりあえず何か資格を取れる大学に行こうと思い、なぜか受かった大阪教育大学へ。

学校の自習室もロクに利用せずそそくさ帰っていた最後までE判定の私がなぜ受かったのか、担任の先生は心底不思議がっていました。私にもよくわかりません。

両親に至っては「そういう星の下に生まれた子」という根拠のない理由で納得していました。

入学当初。大学デビュー失敗

今度こそ根暗女子を卒業するべく笑顔の練習を経て大学デビューするも、6年間放置した女子力が同年代女子についていけず失敗。

根本的にセンスがないのか、どう足掻いても適度にダサかったんです。

その反動からなぜか量産系女子にはなるまいという謎の意地で、大学4年間すっぴんを貫き通す天然記念物と化しました。

サークルの企画でやったヤンキー風。何この小物感

しかしそんな変わり者でも一応彼氏はちょこちょこできていたので、やっぱり笑顔と愛嬌って大事ですよね。

そのおかげで自信と明るさを取り戻し始めます。

ターニングポイント① 笑顔で人と接するようになってなんとかモテ始めた

大学生前半。家出生活

大学に入ってからは両親と上手くいかず、家に帰るとケンカばかり

なので3年生で下宿の許可を得るまでは、家出と称して人の家に転がり込む生活を送っていました。

・泊めてくれそうな人に頼み込む

・宿がなくてお金に余裕がある時はネカフェ、金欠時はカラオケ

・本当にお金がない時は大学の教室に泊まる

この生活で手に入れたのは、人に甘える心たくましさでした。

ターニングポイント② 家出の経験から自分なりの生きる力を身につける

大学2年生。スキューバダイビングに出会う

大学2年生の頃、スキューバダイビングサークルに入ります。

入学当初は金持ちのパリピ集団だと思って避けていたんですが、母数が多いためにパリピっぽい人が目立っているだけで、みんなアルバイトで貯めたお金を調節してダイビングをしているまともなサークルだと知り加入。

ダイビングにハマったことでいろいろなところへ1人で潜りに行くようになり、そこからひとり旅も好きになりました。

それまで時間やお金を費やしたいと思えるものがなかったんですが、趣味だといえるくらいハマるものに出会えたことが嬉しくて、どうして今までやりたいと思ったことを素直にやってこなかったんだろうと後悔。

それ以来、興味のあることにはなんでも手を出してみることにしています。

https://mntyblog.com/shumi

https://mntyblog.com/nail

私の中で一番のターニングポイントは、スキューバダイビングダイビングとの出会いだと思っています。

ターニングポイント③ ダイビングとの出会いをきっかけに好きなものが増えた

ちなみに団体行動が嫌いで最初はあまり顔を出していなかったんですが、みんな面倒見がよくて懲りずに声をかけてくれ、気づけばサークル大好きになってました。

大学4年生。首の骨を折ってほぼ療養生活

大学生活もラスト1年。

周りは教員採用試験と就活まっしぐらという時に、私は遊んでました。

今まで通り流される人生設計でいくと教師になるはずだったんですが、努力を知らない人間が流されて教師になるべきじゃないと思い、踏みとどまったのでした。

なんとなくで教師になる人なんて世の中にはごまんといることもわかっていましたが、自身が出会った教師にあまり良い印象を持たなかったため、自分はそうなりたくないと思ったのもあります。

ターニングポイント④ 教育大に入ったけれど教師にはならない道を選んだ

教師にならないことを決めたとはいえやりたい仕事も特に思い当たらず、現実逃避するように遊びとダイビングショップの手伝いに明け暮れました。

そんな折に寝不足で車を運転して和歌山へ向かう途中、交通事故を起こしてまいます。

その結果、なんと頚椎骨折(&脱臼)

1ヶ月に渡る入院生活を送ったのですが、その中で親はほぼ毎日会いに来てくれ、入院先が交通の便が悪い場所だったにも関わらずたくさんの人がお見舞いに来てくれたんです。

恥ずかしい話ですが、当時は仮に私1人がいなくなっても他の人にはなんの影響もないと本気で思っていました。

これを機に、下がっていた自己肯定感は完全復活

あと、一度死にかけたら大抵のことはなんとかなるような気がしてきました

自宅療養中、母に連れ出されてなぜか乗った観覧車。

完全に自己責任の馬鹿な事故で、周りの人に多大な迷惑をかけておきながら不謹慎な話ですが、この事故がなければ今の私はいません。

ターニングポイント⑤ 首の骨を折ったことを機に自信と変な度胸がついた

1年半で退職。まなてぃの会社員時代

退院後なんとか卒論を書き終えて大学を卒業し、安定した仕事ならなんでもいいし公務員試験でも受けようかな~と思っていた矢先、大学4年間ずっとお世話になっていたバイト先から就職のお誘いが。

ここでまた流されていいものか悩みましたが、それなりに大きい企業で安定はしているだろうと思って就職を決意。

その頃は未だに「私の人生は頑張らなくてもなんとかなるようにできてる」という甘えがあったのと、「周りはみんな仕事をしているのにふらふらしてて大丈夫かな」と焦る気持ちもありました。

ちなみに就職するか悩んで相談した当時の彼は、ばりばりのビジネスマン。

流されて生きてきた私がまた流されようとしたのが気に食わなかったのか、その時に何気なく放たれた「結局人はそう簡単には変わらないんだね」というひと言は今でも鮮明に覚えています。

ブラックじゃなかったけど違和感を抱いて退職

入った会社はブラック企業ではなかったものの、仕事に違和感を抱き1年半で退職することに。

仕事を辞めるにいたった経緯については、ブロガーのヒトデさん(@hitodeblog)が運営するWebサイト『今日は社畜祭りだぞ!』に寄稿させていただいた記事に詳しく書いています。

この時も「このままここにいれば、別につらい仕事なわけでもなく、それなりのお給料をもらって楽に生きられるのに」とかなり悩みました。

が、”またやりたいことを無視してここでずっと働いていく”ことを考えると、なんのために生きているのかがわからなくなりそうで、楽に生きられるとしても嫌だと思ったんです。

ターニングポイント⑥ 楽に生きるよりもやりたいことをやろうと思い退職

会社員が向いていないと気付いたまなてぃの退職後の話

次の仕事については具体的には決めていませんでしたが、前の仕事を経験したことで自分のやりたいこととやりたくないことが見えてきていたため、それを次に活かして探せば良いだろうと考えていました。

辞めた後はとにかく何も考えず好きなことをしようと思い、ひたすら放浪。

沖縄本島、石垣島、奄美大島、与那国島、宮古島、海外…

その中でたくさんの人と出会っていろんな生き方を知り、かなり刺激を受けました。

心ゆくまで遊んで落ち着いたら会社員に戻ろうと思っていたのですが、この放浪生活が充実しすぎていて、徐々にそれでいいのかと思い始めます。

・会社員に戻ったら滅多に長期の休みが取れない

・仕事がしたくないわけじゃないけれど、一般的な会社員の生活スタイルは自分に合ってない気がする

これに気づいてからは、まず自分はどんな仕事がしたいのかそのためにはどうすればいいのかをひたすら考えました。

どんな仕事がしたい?

・とにかく時間と場所にとらわれたくない

・クリエイターになりたい(物を作って人に販売する仕事がしたい)

そのためにはどうする?

・フリーランスとして生きていこう

そうして右も左もわからない私がたどりついたのが、フリーランスの集まるコワーキングスペースhinode田舎フリーランス養成講座への参加でした。

https://mntyblog.com/hinode

https://mntyblog.com/inahuri1

ターニングポイント⑦ 目的を見つけてフリーランスになることを決意&行動

その後田舎フリーランス養成講座を受講し、今は晴れてフリーランスとして活動中。

クリエイターに関しては「これを作りたい」ではなく「自分で作った物を人に販売する」という目的が先に立っていて、まだそのための手段は見つかっておらず、第一歩として興味を持ったネイルの勉強をしています。

まなてぃの今後について

これからの目標

私が理想の人生を送るための今の目標はこんな感じです。

■経済面で不安がないフリーランス生活の確立

■出張ネイリストになる

■全国に友だちを作る

■世界中のあらゆる海を潜る

私が好きな人・好きになってくれた人に会いに行ったり、絶景を見に行ったり、とにかく自分の足を動かして生きていこうと思います。

『多足のわらじ』で発信すること

当ブログ『多足のわらじ』は、運営者まなてぃが好きなことを発信する雑記ブログです。

ひたすらやりたいことをやっては発信していきます。

最近よく「好きを仕事に」という言葉を目にするけど、そんなこと言われても「自分にはこれしかない!」っていうほど好きなものがなんなのかわからない。でもそんな生き方に憧れる。それが今の私です。

まだまだやりたいことが飽和しているので、とにかく実行して減らしていく中で何を仕事に生きていくのかを考えます。

あと、自分がもともとやりたいことや趣味がなかったせいで人生まったく面白くなかったので、同じように悩む人に向けて、ただただ楽しいことを紹介していきたいです。

https://mntyblog.com/sensei

photo by るーしん(@_lucyshin)

SNS

気軽にポチっとフォロー!

■Twitter⇒@mnty_ocean

まなてぃの日常が垣間見えます。たまに有益なこともつぶやいてるかも。

■Instagram⇒@mnty0212

動物・海・旅を中心に、好きなことを発信。目指せインスタ映え女子。

まなてぃへのお仕事依頼について

ライターとして活動しており、執筆のお仕事を募集しています。

■インタビュー・取材記事の執筆依頼

■レジャー等、体験記事の執筆依頼(当ブログに掲載もしくは他媒体での執筆)

■他媒体での執筆依頼

何かございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。